アイルランド旅行に役立つかもしれないブログ(リンク集)   

2009/051234567891011121314151617181920212223242526272829302009/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
来年はまたヒースローなので念のため。

1.バゲージクレーム(ターンテーブンのあるエリアをこう呼びます)内のLOST&FOUNDを探しましょう。空港によって各航空会社ごとにカウンターが置かれているケースもあれば、請負会社が全社分を取りまとめて手続きしてくれる場合とあります。
2.荷物がないことを告げ、ここでレポート(通称PIR)を作成してもらいます。航空券とクレームタグの控え(搭乗手続きした時に渡されます)を提示し、荷物の形と色、目印となるものなどを告げます。この時に自宅(日本)の住所、電話番号なども聞かれますので、ローマ字で書き出しておくとスムーズです。
3.荷物が見つかった際の届け先としてホテルの名前、住所、電話番号が必要ですので、これもあらかじめ英文のものを用意すると便利です。個人旅行の場合はホテルのバウチャー(予約確認書)を見せればいいでしょう。
4.荷物が届いた時に(荷物が持ち主とは別に)通関するために(原則的に)中身のチェックが必要となるため、鍵の提出が必要になるケースがあります(空港による)。この場合は鍵を預けるか、暗証番号形式の場合はナンバーを教えなければなりません。預けた鍵は後日荷物と一緒に送ってくれます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。